膝が痛くてトイレに行くことすら大変だった主婦が、1日たった7分の簡単な運動をするだけで、半年後には東京マラソンに出場するまでに回復した膝の痛み治療法をあなたも知りたくありませんか?

今までよく膝の痛みに耐えてくれました。もうご安心ください

膝の痛みは、元通りの状態に戻すことが困難な病の一つであり、いったん症状があらわれてしまと5年、10年と非常に長い期間付き合っていかなければなりません。

そんな膝の痛みを改善するため、注射や薬と付き合って行きますか?もしも、あなたが、

・「毎週毎週、痛いヒアルロン酸注射を打つのはいやだ」
・「注射をしないで自然に回復させたい」
・「薬を飲まずに・・・」

と思っているのであれば、1日たったの7分の簡単な運動で治療する方法をお教えしますので、5分だけこのページを読み進めてください。

体操療法の第一人者、宮田トオル先生のプロフィールはこちら

1日たった7分の簡単な運動で膝の痛みを治療!

ほとんどの治療法に共通するの王道の方法とは…
市販の本などのほとんどには共通する3つのテーマがあります。それは、

1.痛みをとる
2.筋力をつける
3.膝の可動範囲を広げる

の3つです。基本はこの3つであり、どのように行っていくかで、各著者の意見が分かれています。

しかし、この3つの手順には大きな落とし穴があるのです。その落とし穴とは何か?一つずつ見ていきましょう。

1.痛みをとる。

一般に膝の痛みは病院などの保健診療において、薬の処方や水抜き注射などによって行われます。
ここで勘違いしていけないのは、薬だけで完治する訳ではないということです。

多くの人は、「医者から処方された薬を飲んでいれば自然に治るだろう」「水抜き注射を打てば改善するだろう」と考え後の運動療法を一切行わないのです。

薬や水抜き注射などは、基本的に膝の痛みや炎症を抑えるための補助的な方法であり、あくまで対処療法にすぎません。根本的に改善させるには、次に続く運動療法が必要となるのです。

2.筋力をつける。

一般に運動療法と呼ばれ、本などには必ず載っています。
あなたも一度は本を読んで筋力トレーニングをした経験があるのではないでしょうか?

しかし、この筋力トレーニング。多くの人は本のとおりの効果をあげることができません。なぜなら、本に載っている写真だけでは、写真から写真までの途中の動きが全く分からないからです。

つまり、症状解消のために本来動かすべき動作になっていない場合が多いのです。また、本による筋力トレーニングは、人それぞれの症状に合った筋力トレーニングではないのも問題です。

痛くて座るのも大変な人もいれば、それほど痛くない人もいます。20代でスポーツで痛めた人もいれば、60代で年齢による関節の変形により痛めた人もいます。個人個人の症状にあった運動療法でなければ効果があらわれにくいのです。

3.膝の可動範囲を広げる。

これについては、本によって載っていない本もあるのですが、大抵の本にはストレッチ術として紹介されています。

しかし、これについても筋力トレーニング同様、写真だけでは本来の動きが分からず、治療に役立っていない人が多いのです。

膝などの関節は、動かさないとどんどん可動範囲が狭まり、最終的には曲げ伸ばしすらできなくなってしまいます。正しい動きのストレッチ術を身につけることで動きがよくなり、可動範囲も広がってゆくのです。

これらの問題点を踏まえ、宮田先生はどのように症状を改善させているのか、気になっていると思います。ここからはいよいよ宮田流膝の痛み治療法について解説していきましょう。

膝の痛みの治療のために必ず必要となる3つの手順を宮田流に大改造。

これまでの治療法の弱点をクリアしたその画期的なノウハウとは…

この方法では、次の手順であなたの症状を改善していきます。

1日たった7分の簡単な運動で症状が改善!宮田流膝の痛み治療法の詳細はコチラ

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。膝の痛みに関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

膝wiki

当サイトに関して

逆アクセスランキング

※全てのランキングはこちらからご覧いただけます。このランキングへの参加方法は当サイトへのリンクを貼るだけですと簡単です。